災害記録


平成16年 7月31日
台風10号。
平成16年8月1日
台風10号が過ぎた後も、今まで経験したことのない程の大雨。
「この雨の降り方いつもと違う。」

事務所で見慣れた治山林道協会のポスターの文字が写真が頭をよぎる。

現実が・・・

国道193号 大用知橋

こちらも大用知橋。橋の欄干か、ガードレールがある場所だと思うのですが。。。

加州谷橋の架かっていたところ。そうです。この谷の水と土石流で橋がもぎ取られました。この災害で木沢では、橋の流失が何カ所も。まず、一つ目の橋。

もぎとられた、一つ目の橋。加州谷橋跡

符殿トンネル下流側。上流側に停めてあった車が土砂に押し流され、ここに。

トンネル上流側より内部。符殿トンネルL=370m

 

 

符殿トンネル上流側。阿津江地区の土石流が符殿橋をもぎ取り、対岸の符殿地区の山を削り行き場を無くした土石流は周りの物を全て飲み込みトンネル内部へと・・・。

阿津江地区山腹崩壊、土石流発生現場。まずこちらから崩壊。

符殿地区。阿津江地区の土石流がこちら側の山肌を削り取りトンネルへと。

土石流にもぎ取られた符殿橋です。(下流側)

もぎ取られる前には、このような景色が・・・。

名古ノ瀬方面から符殿トンネル方面。

名古ノ瀬地区  (株)新居組前 時間をおって

 

 

 

 

 

当時の坂州木頭川(新居組ベランダより撮影)。

普段の坂州木頭川。

(-)木沢上那賀線 もぎ取られた3つ目の橋。嫁ヶ滝橋が有った場所です。

 

 

 

(-)木沢上那賀線。嫁ヶ滝へ行くまでの間にも、このような箇所がたくさんあり、行く手を阻みます。

毎年、たくさんの方にお越しいただいております「大轟の滝」。

当時の「大轟の滝」

沢谷地区。

(主)徳島上那賀線。パッと見た感じ滝が綺麗!しかし、道路崩壊。

ここの滝は、山の上から大きな石が何個も大きな音を立てて、転げ落ちてきました。

当時の音が、15年たった今でも耳に残っています。

上記写真アップです。

町道が崩壊。

町道沢谷小畠線。

町道加州線

こちらが、大用知地区。

向かって左が大用知地区。右が加州地区。

阿津江地区

平成16年は、史上最多と言われるほどの台風が四国地方へと接近上陸。8月だけでも3個の台風。

度重なる台風と闘いながら、孤立地域の解消へ、又、学校の新学期が始まるまでにと国道193号の復旧。 避難所から現場へと通っていた者も居りました。

そんな日々を写真でお伝えできればと思います。

加州谷橋。仮橋の出来上がりです。

車両も通行可能な橋が出来上がりつつ

ガードレールの設置も完了し無事に復旧完了です。

加州谷橋完成全景。

符殿トンネル内、堆積物の撤去作業です。

照明もなく、重機のライトと投光器の灯りの中での作業でした。

除去作業完了です。

トンネル出入り口。

名古ノ瀬から符殿方面へ

まずは、土砂の撤去から。

大量の土嚢袋を積み上げ道路にしていきます。

防護柵を設置し

ガードレールの設置も終わり国道193号復旧完了しました。

事務所付近の復旧作業です。

嫁ヶ滝橋復旧作業。まず人ひとり歩いて通行できる一本橋。

三本橋。

車両も通行できる橋に

完成しました。交通の便の悪い木沢では、マイカーは必需品です。

当時の役場前。

現在の一般国道193号。平成19年4月27日、木沢トンネルL=1,280mが開通しました。

 

 

 

お問い合わせ


Contact

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ